red orange yellow green blue pink

患者さんの死を受け入れる

日曜日, 8月 9th, 2015
看護師は責任が大きな仕事。常に、人の命に関わっている仕事となりますから、患者さんの死に立ち会うこともあると思います。長い間担当してきた患者さんが亡くなってしまうと、やはり辛いものですよね。特に、新人看護師の方の場合には、まだ人の死に慣れておらず、「辛くて仕事が手につかない」という方もいるでしょう。 看護師の仕事は、様々な環境がありますが、中には命に関わる病気や怪我などをしている患者さんを担当することもあると思います。こういった重篤患者さんの担当というのは、やはり精神的にも大変な仕事といえます。状態が良くなり、一般病棟に移ったり、退院すれば「良かった」と仕事にやりがいを感じることも出来ますが、亡くなってしまった時には悲しみに暮れてしまう方も多いでしょう。仕事中に、泣いてしまう看護師もいます。「人の死には、慣れない」という方も多く、「この仕事が辛い」と感じている方も少なくありません。しかし、患者さんが亡くなるたびにこれでは、仕事になりません。死に慣れることが良いことではありませんが、仕事として切り替えていくことも大切。「どうしても、切り替えることが出来ない」という方は、入院病棟や重篤患者などを担当する仕事からは離れた方が気持ちも楽になるかもしれません。精神的疲れというのは、続くと辛いものです。うまく対処できないと、自分自身が心の病に飲まれてしまうこともありえます。… Read More